トップページ | 2005年11月 »

2005年10月26日 (水)

プシュケとは・・・

こんにちは、スミヨです。
昨日来られたお客様といろいろとお話してるときに、『プシュケ』の話が出ました。

前回がルナ「月」についての話だったので、プシュケの話をするのも素敵だなっと思ったのでお話させて下さいネ♪

皆様は、プシュケをご存知ですか?

ホームページにも書いていますが、プシュケはギリシャローマ神話の恋のキューピット・エロスの花嫁『女神プシュケ』の名前です。

このエロスとプシュケの恋の物語は有名です。神様エロスと人間プシュケの恋は、神の反対によって離ればなれになります。しかし様々な困難を乗り越えていくプシュケと、それを影から助けるエロスの愛によって二人は再会し、プシュケは神となり永遠に結ばれます。

プシュケが人間から神になることから、幼虫が美しく成長する「蝶」や、変化し成長していく「心」を意味するようになりました。

ですから「心」を扱う、或いは「心」が主題になる事柄の外国語の頭にはみな Psych が付いています。
例えば、心理学=Psychology、精神医学=Psychiatry,心理分析=Psychoanalysis 等々です。

話は少しズレましたが…実はその後、二人の間には『喜び』という名の女の子が生まれたのです。

エロスは『愛』を意味し、プシュケは『心』を意味します。つまり・・・

    『愛』+『心』=『喜び』

このお話を知ったとき、とても心が温かくなったのを覚えています。昔のお話には、素敵なメッセージがたくさん込められていますね。もし興味があれば、読んでみて下さい。
実際に読むとプシュケは絶世の美女ですが、人間らしいというか…ちょっと笑える女の子かもしれません^^;  

お読み頂いてありがとうございます。    スミヨ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

ムーンストーンの力

こんにちは、スミヨです。

最近気づいたのですが、あたしの店の周辺は、月を使った名前のお店がたくさんあります。三日月・月山・皇月など・・・もちろん、ルナプシュケもルナが月の意味をもつのでお仲間です。

そこで、なにか『月』についてお話できれば…と思ったのですがいろいろあって迷いますが。。今回は【ムーンストーン】という宝石について少しお話します(*^_^*)

ムーンストーンはその名の通り「月の石」と呼ばれ、月を想わせる乳白色をしています。『未来を予知する力』があるといわれる石です。また『恋を運んでくる石』としても有名です。恋人からのプレゼントにもらうと幸せになれるそうですよ~♪
他にも旅のお守りやダイエット・呼吸器系にいいなど・・様々な効果があるらしいです。月の力を身につけて幸せに近づく感じがしますね。(^^♪

最近はこのムーンストーンの中でも、光の効果でほんのりブルーになるブルームーンストーンが人気です。石の力はムーンストーンより強いと聞いたことがあるような。。。

『かわいい+幸せ』な宝石と聞くと欲しくなってきますね(*^_^*)

もうお持ちの方は、幸せを願って大切にして下さいね。月浴させるのも良いらしいです♪満月の日につけてみてもいいかもしれませんね。
お持ちでない方は…一度どこかでご覧になってみて下さい。特にブルームーンストーンは華やかではありませんが、優しくてキレイな石ですよ。

ではお読み頂きありがとうございました。       スミヨ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

ターシャの庭

こんにちはスミヨです。先日、知人にお願いして「ターシャの庭」という特集番組を録画してもらったものを見ました。

ターシャとは、ターシャ・トーチャーという今年90歳になる絵本作家です。彼女はアメリカのバーモント州の山奥に約300万坪の敷地の庭を持ち、一人暮らしをしています。その巨大な庭で、四季折々の植物の変化を楽しみながら、自然と共に生きている様子を描いた番組です。

彼女は90歳とは思えないほど元気で、毎日植物の世話ばかりの毎日です。夢を信じて叶えていき、好きなことをして自然と共に生きる。そんな生き方をしている彼女から出てくる言葉も素敵です。それに画面に出てくる花や景色にも癒された素敵な番組でした。

90歳まで、あと皆様は何年ありますか?

90歳の彼女は体がしんどくない訳ではありません。ただ好きなことをすることのほうが大切だから、毎日楽しく庭仕事ができ、幸せに生きているのだと思いました。
わたしも90歳になったときには、老化が気にならないくらい、大好きなことをして毎日を暮らしていけるようになりたいなっと思いました(*^_^*)

お読み頂きありがとうございました。   スミヨ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

事故は突然・・・

こんにちはスミヨです。秋になり、女性にとってはブーツの履ける季節になってきましたね。
わたしも昨日は休みで、久しぶりにちょっとヒールのあるブーツを履いて出かけようとしたんです・・・
そうしたら、家の前の階段で転んでしまいました。前滑りで転んでしまったので、アゴ・太もも・膝・足首・左肘を打って、口まで切ってしまいました・・・(>_<)

転んだ直後って、不思議と痛みがないものですが、とにかく冷やして、骨が折れてると怖いので病院に行ってきました。

ラッキーなことに骨に異常はなく、口も縫わずに済みました(^^♪

でも時間が経つにつれ、打ったところが腫れて青くなってきて、熱も出てきて、痛む場所も増えてきて、体はむくみ、痛みはでてくるし・・ちょっと不安になってきました。

でもこれは体が一生懸命もとに戻ろうと働いてくれてる証拠なんですよね(^^) 体って本当にスゴイです。

痛みを和らげるクリームを塗って、とにかく「冷やして安静」を繰り返した一日でした(*_*)

打ち身は次の日がもっとひどくなることが多いのですが、お蔭様で朝起きた時は、青あざだらけですが、筋肉痛のような感じくらいまで治癒していました(^^)/ 体に感謝です。

ケガはしないにかぎりますが・・・もし同じような体験をした時は、

病院でどこかに異常はないか診てもらって下さい。特に頭を打った人は必ずですよ!! 

安静にして、とにかく痛いところを冷やしましょう。
(湿布だけでなく、氷や氷枕、あとケーキを買うときに付いてくる保冷剤もいいですよ。)

・熱・腫れ・痛みは、体が一生懸命治している証拠だということを思い出し、良くなることを信じて、体に感謝してみて下さい。

あと欲を言えば・・・
・こういう時って不安な気持ちになってきますので優しい言葉や助言、看病してくれる人を探して甘えて下さい(*^_^*) また周りにこのような方がいたら、優しくしましょうね。


ちょっと長くなりましたが・・・何かの時の参考になれば幸いです。
わたしの方はうそのように元気ですので、ご安心下さい(^^)/

お読み頂きありがとうございます。     スミヨ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

バラの花

こんにちは、スミヨです。
わたしのお店の近くには、大きな公園があります。そこを散歩するのが楽しみなのですが・・・その公園の中でも特にお気に入りの場所があります。

バラ園なのか・・・どうかはわかりませんが、そこはたくさんのバラ満開です。
黄色いバラ・白いバラ・赤いバラといろいろあって、ドイツ・フランス・アメリカなど国も様々で、見ていると、とても幸せになります(*^_^*)

良かったら、皆様もぜひ見に行ってみて下さい。きっと喜んで頂けると思います♪

大阪が遠い方も、一番過ごしやすいこの時期、どこかに足を運んで、お花など見に行ってはいかがですか?
今の時期はコスモスですね。満開のコスモスも素敵だろうな~(^-^)

お読み頂きありがとうございました。 スミヨ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

キンモクセイ

今日は雨が降っていることもあって涼しいですね。
今朝出かける時に、金木犀のいい香り気づきました。

金木犀の花はご存知ですか?名前はしらなくても、この時期に
香るオレンジ色の花
と聞けば、きっと思い出すと思います。

金木犀の花言葉は、「真実」「謙虚」です。
また【天から授かった花】という言い伝えもあるらしいです。

香りの効果としては、幸福感を与えるようです。

皆様も秋の金木犀の香る幸福なときを感じて下さいね(*^_^*)

お読み頂きありがとうございます。   スミヨ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

今日からルナルナ日記はじまりです!

皆様こんにちは、ルナプシュケのスミヨです。
日記を書くことになりました。自分のことを話すのは少し恥ずかしい感じもしますが、がんばっていきますのでよろしくお願いします。

今日10月3日は新月です。新月に物事をはじめるとうまくいくという話を以前に人から聞いてから、「新月になったら何をしようかな?」っと新月を楽しみにするようになりました。

女性の体も同じで、新月にあたる月経後はホルモンバランスがよくなり代謝もあがり、ダイエットや体質改善をするスタートにピッタリです。月と女性はやっぱり深くつながっている感じがしますね。

次回の新月は11月2日です。皆様もなにか始めたいことを考えてみてはいかがですか?

読んで頂きありがとうございます。  スミヨ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年11月 »