« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

喜びという薬

こんにちはスミヨです。

先日、数ヶ月ぶりに来られたお客様がいました。

お久しぶりなのでいろいろとお話も弾んで楽しかったのです(*^_^*)

そのひとつに彼女の昨年にホノルルマラソンに出た話がありました。

彼女は走っていて後半、もう気持ち悪くて・・辛くて、痛くてリタイヤしようと思ったそうです。

しかしそのとき・・・!!

 

路上にいる有名男優の人が取材に来ているのを見ました。

とてもカッコ良くて、彼女はすごくうれしかったそうです。

すると・・・・その後

彼女の疲れと気持ち悪さはなくなり、最後まで走ることができました。

あんなに辛くて、本当にもうダメと思ったのに・・・と彼女は不思議そうに話していました。

このように喜びがあれば、体の疲れや痛みがなくなることがあるようです。

体って不思議ですね・・・

ところで皆様はプラシーボ(偽薬)という言葉を知っていますか?

プラシーボ(偽薬)・・患者様を安心させる目的で使われる有効成分を持たない薬のことです。これらの中身は無害ですが、治療的価値はまったくありません。

しかし外国ではこのプラシーボが癌などの病気に治療効果を出した報告などもあるそうです。

実はこのプラシーボという言葉はラテン語の『喜ばせる』という言葉から来ているそうです。

ある実験で同じ偽薬を二つのグループに与える際に、一つはとても有効な薬と伝え、もう一つのグループには、まだ実験途中である薬ですと伝えます。するとその効果は全く違ったものだったそうです。有効だといったグループの方が34倍も治療効果が出たそうです。

この結果からも治るという喜びを与えること薬に効果が出ることがわかると思います。つまりプラシーボとは喜びをいれた薬のようです。

先ほどのホノルルの話も少し納得いく感じがしませんか??

喜びが心だけでなく、体にも特効薬ならば・・・

皆様がもし痛い時、辛い時は、なにか自分にご褒美をあげる。好きなことをするなど自分を喜ばせてあげてみて下さい。少し和らぐのではないでしょうか?(*^_^*)

そして辛い症状を出さないためにも喜びを常に感じられる人になりたいですね。

意外にむずかしい喜び探し・・・健康のためにも見つけ上手になりたいです。

たくさん喜んで、健康になれたら本当に喜ばしい。幸せなことですね(*^_^*)

お読み頂きありがとうございます。     スミヨ

| | コメント (0)

2006年3月20日 (月)

心の奥と話す・・・

こんにちはスミヨです。

フラワーエッセンスは以前も話したように心に作用する自然療法です。

しかし心に作用する??といってもなかなかピンとこないと人も多いと思います。

私自身もはじめはよくわかりませんでしたが・・・

この療法を学んでいくうちにわたしが一番感じたのは、悩みの答えはその人自身の心の奥にあるということです。


でもいくら悩みの答えが自分の中にあると分かっても、自分の心の奥と向き合って話のできる人はなかなかいません。

そこで、お花の力を借りて、自分の心の奥と話してみようっというのが、このフラワーエッセンスだと思います。

心の奥と話すと言っても理解しにくいかもしれませんので、一つ例をあげてみます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ひどい失恋をしてそこから新しい恋ができないと悩んでいるBさんがフラワーエッセンの力をかりてセラピーをはじめてみました。

(ここでいうセラピーとは、簡単にいうとフラワーエッセンスを使ったお花のカードとそれによるカウンセリングのことです。)

はじめは、彼への愛や思い出、そして恨みや悲しい今の気持ちBさんの口から出てきました。

しかし、時間が経つとその後彼女の口からは小さいときの家族との関係が蘇ってきました。

簡単にまとめると
彼女は3人兄弟の長女だったために、いつも甘えられず寂しい思いばかりをしていました。そして親にも甘えず、強がって寂しい気持ちを出さずにいました。そしていつも自分に対して「だれもわたしのことなんて愛してくれない。」こう言い聞かせていました。


そんなことなど大人になったBさんは忘れていたのですが・・・

この彼と付き合いはじめて、彼は忙しいといっては、なかなか会ってくれず、いつしか彼女は子供のころと同じように寂しい気持ちを彼に出さずに我慢していました。

そして我慢しているうちに、「彼もわたしのことを愛してくれていない。やっぱりだれもわたしのことを愛してはくれないのだ。」と思うようになり、彼に対していつも不安を抱えながら付き合うようになったのです。

そして数ヵ月後・・・彼が別の女性と付き合っていることがわかりました。

そこで、彼女は再び「だれもわたしのことなんて愛してくれない。」と自分にますます呪文をかけるようになり、なかなか次の恋に進めなくなってしまったのです。

Bさんの口からは、親や彼に冷たくされたこと。自分はいつも我慢していたこと。いつも孤独を感じてさみしかったことが、涙と一緒にあふれ出てきました。

涙と言葉が尽きてきたころ・・・Bさんはポツリといいました。

でもあの時はわからなかったけど、母はわたしに優しい言葉をかけてくれていた。

彼もそうだった。と今度は彼や親に優しくされたことを話はじめました。

でもいつもわたしは愛してくれてないと疑うばかりで、優しさに素直に喜べなかった・・・再び、Bさんの目に涙が浮かんできました。

セラピーの最後にBさんが話した言葉は

「わたしは愛されてないことばかり感じて、愛されていることを認めようとしなかった。これからは素直に愛されていることを感じながら生きていきたいと思う。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心の奥と話す・・

Bさんの心が奥へと変化していき、悩みの本質へといく感じが少しは伝わったでしょうか?・・・なにか感じて頂ければ幸いです。

|

2006年3月 7日 (火)

月のリズム・・・

こんにちは、最近皆さんは夜空を見ていますか?

新月になにかを始めると良いという話は以前したことがあるのですが・・・

皆様は生活の中で、を意識させていますか?

昔は月の満ち欠けによって、作物の種まきや収穫の時期を決めていたなど月は古代から、人びとの生活に影響を及ぼしていたようです。

皆様も満月の日には、出産する人が多い。事故が増えるなど・・・聞いたことがあるかもしれませんね。

最近、月の満ち欠けのリズムを利用した美容や健康法がひそかにブームを呼んでいます。

月のリズムはムーンクォーター(月の満ち欠けの4つの相)で表します。「新月」「上弦の月」「満月」「下弦の月」のサイクルによってリズムが変化していきます。

簡単にまとめますと・・・

新月 ・・・新しいはじまりと浄化のとき
新月はすべての始まりです。 そのため、ダイエットや美容などを始めるにも良い時期です。

上弦の月 ・・・繁栄のとき
月がゆっくりと満ちる時期です。 だんだんと力がみなぎり、効き目がでやすいときです。効果が出やすいときでもありますが、体重も影響しやすいようです。


満月 ・・・能力が最高になっているとき
精神的にも肉体的にも受容する力が最高潮になり、何でもよく吸収しやすいときです。ですからパックなどのスペシャルケアに良いそうです。ただ太りやすいのもピークに達しているそうです・・・^_^; 気をつけましょうね。

下弦の月 ・・・排泄のとき
月はまた欠けはじめるときなので、排泄など除去することに良いそうです。汚れが落ちやすい、汗をかきやすいので運動や半身浴などにも向いています。

本当なの??と言われると、はい!!とは言い切れませんが・・・

新月や満月を意識しはじめると、自分のリズムがしっかりしてくるように思います。

わたしは新月が来るとワクワクしてきますし、満月の日が過ぎると少しスローダウンする自分がいます。

人はいつも変化していると思います。

毎日、毎日、ただ同じリズムでがんばっていると疲れますし、

周りに流されてリズムを失くしてしまうと、適応しきれないこともあります。

そんなとき、月を見て、本来のリズムに戻るのも素敵なことではないでしょうか?

「今日は満月だから早めに帰ってパックをしよう」

「新月になるまでは半身浴をがんばるぞ~!」

「今日は新月、新しい化粧水を使ってみよう。浄化のためにバスソルトを使ってみよう」

などなど・・・少し楽しくなりそうな気がします。

三月の満月は315日。ですから今は、月はどんどんと満ちているときです。

美容の面では効果の出やすい時期ですね。ですからこの時期はしっかりお手入れして効果を出していきたいですね。

お読み頂きありがとうございました。     スミヨ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »