« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月 7日 (土)

三ヵ月後のあなた~変化が訪れた時~

早いもので今年もあと三ヶ月ほどで終わりです。

この時期は、お仕事をやめる方・結婚される方・新しく仕事をはじめる方・引越し・人事異動・・・と変化を迎える方の多い時期です。

わたしの周りでも最近、様々な変化が訪れた人がたくさんいらっしゃいます。

新しい変化を始めたとき、あなたはどう思いますか?

「ワクワク。どんなことが起きるのか楽しみ。」

どうなるのだろう?どんなことが起きるのか不安。」

きっと多くの人は、二つの割合は様々ですが この二つの気持ちがあるのではないでしょうか?

私自身もそうです。とくにわたしは変化の初めに弱いタイプで、新しいことに慣れるのに時間がかかります。

ワクワク・・・きっと良いことばかり!自分のためになる!人生が開けていくように感じる、と楽しいことに期待を膨らませて挑戦しますが・・・

スタートすると、 新しい発見。楽しい出来事。期待も夢もあり、楽しいこともありますが・・・

慣れないこと。覚えることの多さ。しなければいけないこと。 できないこと。わからないこと。など未知のことが多くて、それに対応できない歯がゆさを感じます。

そんなときに、自分に呪文のように唱える言葉はあります。

「今のがんばりは三ヶ月後を作る。三ヶ月後にはうまくいっている。大丈夫。」なぜ三ヶ月かというと・・・・

一ヶ月ではいろいろなことに慣れているかどうか不安ですし・・・

半年では長すぎて、想像がつきにくいものですが・・・・

三ヶ月だとちょうどいい感じがします。

それにもう一つ理由があるとすると

わたしたちの体のサイクルです。

私たちの体は、いつも同じように見えていますが日々変化しています。それは細胞の生まれ変わり(新陳代謝)のことです。

よく知られている肌の28日周期や、胃の細胞のように3~5日周期ものから赤血球のように120日周期のものなど、細胞の場所によって生まれ変わる周期が異なります。 (書籍によって周期は多少ことなりますが参考までに・・・)

人の細胞は全部で約60兆億個あるといわれています。

神経細胞のように再生しない細胞もありますが、細胞のほとんどは1日で約7000億個ずつ生まれ変わっているといわれています。 生まれ変わる周期は様々ですが、単純に計算して考えると約三ヶ月で生まれ変わることになります。

そのため体質改善やトリートメント・健康食品などを始めるときは、古くなった細胞から新しい細胞へと変化するこの三ヶ月を目安に効果をみると良いとよく言われています。

体が新しく生まれ変わる三ヶ月の間に自分自身もがんばれば、新しい自分になっている気がします。最近変化があった人も、または変化がなかったように思う人も

そう考えると少し不安も少なくなり、明るく歩める気がします。

三ヶ月前の自分を一度振り返ってみてください。

きっと様々なことがあったのではないでしょうか?

楽しい変化・うれしい変化 悲しい変化  変化にもいろいろとありますが・・・

変化はわたしたちの成長のためには必要なことかもしれません。

今から三ヵ月後・・・自分自身を振り返ったときにどう感じるのでしょうか?

そして三ヵ月後の自分はどうなっているのでしょう。

三ヵ月後の明るい未来を目指して取り組んでみてはいかがでしょうか?

三ヵ月後の皆様がより輝いていますように・・・・お読み頂きありがとうございます。                   スミヨ

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年11月 »